旅行記 | 「おくの細道」の句碑を訪ねて

書籍画像「「おくの細道」の句碑を訪ねて」

著 / 德武千代子

  • サイズ:A5判
  • 製本:ソフトカバー
  • ページ数:204ページ、オールカラー
  • 発行日:2013年10月25日

内容紹介(一部)

はじめに

平成元年は、芭蕉が「おくの細道」の旅に出てから300年にあたります。紀行文は5年をかけて推敲し、素龍に清書させて完成していますが、その後、親族やゆかりの人の手を経て保管されていました。したがって一般の人の目にふれるようになったのは、平成12年頃でしょうか。この紀行文が世に出たことも合わせて平成15年が約300年という節目の年にあたります。それにあわせて芭蕉についての記事や芭蕉の句などが新聞や雑誌に多く掲載されるようになり、放送では「おくの細道」の朗読が時々流れてきます。中学や高校の教科書には芭蕉の句が一つや二つは必ずあり、誰でも覚えています。

(以下略)

德武様からいただいた「お客様の声」

担当者のお人柄を感じ不安は解消。
文字の大きさ、紙質も良く、カラー写真が鮮明!

神奈川県横浜市 德武千代子様
―自費出版を行うにあたって、悩んでいたことがありましたか?
本を出版するのは初めてなので、どのようにして本が作られるかもわかりませんでした。まず、自費出版説明会に出席しました。2~3社出席してみましたが、説明内容、費用など大きく違い、アテンドの仕方も異なりましたので、迷いました。
―弊社を知ったきっかけは何でしたか?
インターネットを見て概略をつかみました。
―弊社を知ってから、弊社で自費出版するまでに、何か躊躇することがありましたか?
面識がない方と指定場所で初めてお逢いするに当り、多少の不安を感じていました。そこで、当方2人で行き、説明をお聞きしました。ゆっくりお話を交わしながら、三浦さんのお人柄を感じ取り、不安は解消しました。
―弊社で自費出版をしようと決めた一番の理由はなんですか?
  • 契約内容がしっかりしていた。
  • 少冊数で良いし、出版費用が老人でも手が届きそうに思いました。
―実際に弊社で自費出版してみていかがでしたか?
文字の大きさ、紙質も良く、カラー写真が鮮明に出ていて、楽しく読める、満足のいく本になり、うれしく思いました。
―再度、自費出版するとしたら、このようなサービス、
このような商品があったらいいと思うものがありますか?
また、弊社へのご要望等ありましたらご自由にお書きください。
出版前に予約冊数より10部増刷していただいたのですが、契約内容に増刷の時は費用がいくらか加算されると書かれていたら良かったと思います。大変お世話になりました。
德武様アンケート用紙その1
德武様アンケート用紙その2

このページの先頭へ