旅行記 | 記録に残したい海外旅行 ~スポンサーは娘~

書籍画像「記録に残したい海外旅行」

文・写真 / 志村さつき

  • サイズ:四六判
  • 製本:ソフトカバー
  • ページ数:138ページ(カラー・モノクロ混合)
  • 発行日:2017年11月1日

内容紹介(一部)

はじめに

(前略)

そんな中、休暇を一緒に取れるということから、「お母さん、私が旅費をもつから海外に行かない…」と声を掛けてくれました。

夏休みや年末年始は旅行会社のかき入れ時、旅費は格段に高く彼女に多大な負担を掛けることになります。本当に甘えていいのかと戸惑いました。

あの時の彼女の言葉は驚きと感激で、今でも昨日のようによみがえってきます。

今の海外旅行は、現地ガイドさんがガイディングレシーバーを使い、名所、旧跡等の情報を克明に伝えてくれるようになっています。私は観光の都度、バスに戻るとメモを残していました。

仕事一辺倒で旅行の写真の整理もままならない彼女のために、思い出を共有した者として、記憶に残った地域の歴史等にもふれながら、記録でも書いてみようと思いました。

中国(Ⅰ)[蘇州、無錫、上海]

[蘇州]

●留園
蘇州4大庭園の一つ。造築は16世紀に溯り、清王朝の18世紀に現在の形となった。湾曲の形状の屋根。随所に龍の彫刻が見事に施され、古くから龍神として崇められてきたそうだ。「ああ、中国へ来たんだな!」と感動を受けた。規模は割合こじんまりして日本庭園を思い起こした。曇天のせいか池が深そうでもないのに緑が濃く、全体的に暗い感じを受けた。

●獅子林
ここも蘇州4大庭園の一つ。14世紀、僧“天如”により建造された庭園。「太湖」から産出された“奇石”が数多くあちらこちらに配置され、古代の冒険の世界に迷い込んだような気分になった。鍾乳石に似ているようでもあり、不思議な形をした石があるものだと驚異な感覚で見ていた。留園と同じくらいの規模の庭園だった。

(以下略)

海外旅行をふり返って

(前略)

海外へ出てみると、どこも感動、感激で心が踊っていましたが、特に思い出に残る所と言ったらカナディアンロッキー。天候に恵まれ、それはそれは素晴らしい眺めで、山好きな夫に見せたいと思うほどでした。他に自然遺産ではグランドキャニオン、ナイアガラの滝、カッパドキア等、スケールの大きさに感動しました。建造物ではモンサンミッシェルが印象に残る世界遺産でした。昔は参拝するのに命がけだったという、海に浮かぶ重厚明媚な修道院で、忘れられない場所となりました。

(以下略)

このページの先頭へ