短歌集 | 漂泊 国吉郁子短歌集

書籍画像「漂泊 国吉郁子短歌集」

作 / 国吉郁子

  • サイズ:A5判
  • 製本:ハードカバー(箱付き)
  • ページ数:200ページ
  • 発行日:2018年7月30日

内容紹介(一部)

昭和三十九年〜昭和四十四年

住み慣れし鹿児島を去らむとて

浜木綿の日々艶めけるこの家を去る日近づく照り翳る庭

おほかたの引越荷物送り終えし庭を子が掃く明日を出発べく

引揚の苦しき生活支え呉れし古き吾が家何時帰り來む

(以下略)

あとがき

明治四十五年、日本の南端、鹿児島県加治木町士族の長女として生まれたが、生涯、地方官吏で終わった父の度重なる転勤のため、小学校より女学校まで、五回も転校生としての憂き目を見なければならなかった。しかし、感受性の強い女学生時代の四年間を、雄大な活火山阿蘇の山麓なる阿蘇高女で学び得た事は、短歌への情熱を喚び起こす誘い水であったことは否み得ない。

(以下略)

このページの先頭へ