仏教書 | 極道老師一度死んでみよ

書籍画像「極道老師一度死んでみよ」

著 / 心鏡宗禅

  • サイズ:四六判
  • 製本:ソフトカバー
  • ページ数:156ページ
  • 発行日:2019年6月9日
  • 価格:1,200円(+消費税)
  • ISBN:978-4-907446-86-4
購入ページへ

内容紹介(一部)

母と子の不思議な運命

私は死んで生まれてきた――こう書くと、皆さんはきっと驚くに違いない。だが、これは事実なのである。

幼少時、私は母親からよく言われていた。「おまえは死んで生まれてきたんだよ」と。そのときはどういう意味かわからなかったが、実態はこういうことだったらしい。

私の出産の時、母は難産でひどく苦しんだ。親を殺すか子を殺すか、どちらかが犠牲にならないと両方とも助からない状態だったという。

(以下略)

おわりに

元号が変わって、新しい時代になった。これを機会に、日本の社会も日本人も変わるべきである。

自分だけが幸せで、それでいいのか。自分だけが快適で、それでいいのか。人に注意されてすぐにキレる、それでいいのか。弱い者いじめをする、それでいいのか。人を傷つけてなんとも思わない、それでいいのか。真実を隠蔽して嘘をついてごまかす、それでいいのか……。

人は自分一人だけの力で生きているわけではない。今日まで生きてこられたのは、いろいろな人に支えられてきたからである。これからも、人に支えられなければ生きていくことはできない。

自分が他の人に支えられているように、自分も他の人を支えている。互いに支え合って、社会は作られている。そのことを自覚すべきなのだ。

(以下略)

このページの先頭へ