エッセイ | 改訂増補版 随想私録 大阪上町台地ぶらぶら歩き

書籍画像「改訂増補版 随想私録 大阪上町台地ぶらぶら歩き」

著 / 岩間昭男

  • サイズ:四六判
  • 製本:ソフトカバー
  • ページ数:260ページ
  • 発行日:2017年12月1日

内容紹介(一部)

随想私録「大阪上町台地ぶらぶら歩き 追録4」

(前略)
この随想私録「大阪上町台地ぶらぶら歩き12」などでも触れたが、「士魂商才」に秀でた元薩摩藩士で、幕末は「薩摩藩を代表する凄腕の政商」として活躍したという五代友厚の名は、よく知っている。ただ、もっと後で知ったことであるが、五代友厚の士魂商才は、普通の人の考えるような商才ではないようだ。人生の後半生には、明治初期の大阪で始めた事業が大成功し巨富を築いたというわりには、この人の人生信条は、『男児、財産をつくるためにこの世に生をうけたのではない』ということだったらしいのである。

(以下略)

随想私録「大阪上町台地ぶらぶら歩き 追録5」

大阪上町台地の地勢は、大阪市域の南半分の中央部を南北に延びる低い丘陵地帯になっている。この丘陵地帯は、その昔は、北方にある難波潟〈大阪湾の奥まったあたりの古称〉に向かって南から北に突き出した「尾崎半島」様の地形であったらしいが、この尾崎半島の付け根に当たるあたりに、現代の「旧堺港史跡公園」があり、これを取り囲むような形で「旧堺市街遺跡」即ち「堺環濠都市遺跡」がある。

(以下略)

このページの先頭へ