家族史 | 戦争を刻んだ人と家族 森倉可盛の記憶

書籍画像「戦争を刻んだ人と家族 森倉可盛の記憶」

編集・発行人 / 森倉清一 森倉次郎 森倉三男

  • サイズ:四六判(H188xW127mm)
  • ページ数:140ページ
  • 発行日:2021年9月26日

内容紹介(一部)

はじめに

先のアジア・太平洋戦争から76年が経ち、生存者から戦争のお話を聞くことが出来なくなりつつあります。

76年前、戦争はすべての人の共通の体験であり、その体験をもとにそれぞれの道を歩いて来たと思います。

直接の体験者がいなくなろうとする今、私たちは戦争の体験者から何を学んだのか、何を伝えていかなければならないかを問われています。

(以下略)

おわりに

没後47年、うちの兵士は生きて還ってきてくれたゆえに今の私たちがある思いに押されて作業しました。先のアジア・太平洋戦争では多くの方が亡くなり、傷病を抱えて戦後を生きました。我が家のようにマラリアで体が痛んだり戦争ぼけと言われたり、心的外傷後ストレス症候群で苦しんだ方も多いと思います。それらが二度と繰り返してはならないものであるがゆえに、それぞれの家族が記憶に留めることを求められています。戦争が人間に与えた影響を家族の連鎖の中で伝えていくことです。それによって、戦争の構造や責任、アジア諸国民への加害責任や植民地支配の問題など、未だ日本とアジア諸国の間で共通認識が持てない状況を冷静に改善していくことを底辺で支えることになると思います。市民にできることは戦争を忘れないことです。

(以下略)

このページの先頭へ