短歌・俳句集 | 永野正短歌集 屋島の小径

書籍画像「屋島の小径」

著 / 永野 正

  • サイズ:A5判(H210xW148mm)
  • 製本:ハードカバー
  • ページ数:44ページ
  • 発行日:2019年11月16日

内容紹介(一部)

平成三年(六十六歳)

VPは大過なくして終わりたり
瀬戸内晴れて波もたたざる

たかぶりし心抱きて初めての
部屋より見たると女木と男木かな

六年間絶えずながめし女木男木は
梅雨の晴れ間に今日もけぶれる

(以下略)

あとがき

父の葬儀が終わって実家の書斎を整理していたところ、書棚に茶色のノートが立て掛けてありました。何気なくページを開いてみると、数十首の自作短歌が書き込まれていました。父は短歌や和歌が好きで、書棚には古典から現代までの短歌集が多くありますし、新聞の短歌欄の気に入った歌は切り抜きをしていましたが、自分でも短歌を作っていたことは知りませんでした。

(以下略)

このページの先頭へ