俳句・短歌集 |宮越すみ 俳句・短歌集

書籍画像「宮越すみ 俳句・短歌集」

作者 / 宮越すみ

  • サイズ:A5判
  • 製本:ソフトカバー
  • ページ数:196ページ
  • 発行日:2017年10月22日

内容紹介(一部)

昭和二十七年十一月

母も子も 又友去りて 秋深く

置き所なき わびしさ深く 雨しきる

しっとりと ぬれし葉影に 鳥動く

雨だれの 下に水飲み 鳥宿る

朝顔の 一輪残り 雨しきる

あとがき

母が亡くなって早二年。いつもふとした拍子に、母のことを考える。運転しながら、台所に立ちながら。息子との電話の時、娘が帰った後、孫を抱きしめた時、今の私が味わっているような幸福感を母も味わえたのだろうか。母はどんな気持ちだったのだろう。

(以下略)

このページの先頭へ