小説 | 大輪の椿

書籍画像「大輪の椿」

著 / 大沢 静
発行者 / 龍ケ崎・伊達都祭りの会

  • サイズ:四六判(H188xW127mm)
  • 製本:ハードカバー
  • ページ数:194ページ
  • 発行日:2020年9月18日
  • 書籍定価:1,200円(税別)

内容紹介(一部)

桜散る

その日は牛久沼を渡って来た風が、豊かに実った稲穂を静かに揺らし、二人の若者の側を、軽やかに通り抜けて行った。一人は馬上の若侍、年の頃は十七才ほど。後を追って走るのは、十四、五の村の若者。

「若殿、お待ち下さい」

「久三郎、もっと早く走らねば、置いて行くぞ」

(以下略)

大坂城炎上

関ヶ原の戦いにより「天下は、勝った徳川家康の手中にあり」と思われたが、大坂城に豊臣秀頼がいる限り、徳川幕府による天下統一は、不安定なものだった。

「近々大坂方との戦が始まるであろう。伊達としては幕府軍に合流して、秀宗と共に出陣するつもりだ」

伊達政宗は、忠宗に豊臣家との戦について話した。

(以下略)

このページの先頭へ