家族史 | 八十年の歩み

書籍画像「八十年の歩み」

著 / 大畑悦子

  • サイズ:A5判
  • 製本:ソフトカバー
  • ページ数:254ページ
  • 発行日:令和元年八月十五日

内容紹介(一部)

悲惨な戦争の記憶

父の日記にもあるように、私もだいぶ物心がつくようになった。兄の出征から一年足らずの昭和二十年八月十五日正午、昭和天皇よりラジオ放送があるとかで、家族中ラジオの前で神妙な顔で聞き入っていた。私は子供ながら、その顔を覚えている。

放送が終わると、何か大変な異変が起きたのか、家族皆が一斉に泣き崩れた。私はそれを見て、子供ながら、これは大変な事態が起きたのだと思い一緒に泣いた。

それは、日本の敗戦、戦争終結宣言という天皇陛下からの言葉であった。

(以下略)

あとがき

府中に居を定めた五十二年当時、近くの大通りは個人商店が建ち並び、たいそう賑やかであった。今もそれは、鮮明に思い出される。牛乳屋、肉屋、八百屋、オモチャ屋、クリーニング店、蕎麦屋、郵便局、薬局、化粧品店。向かい側には電気店、畳屋、豆腐屋、布団店、石材店、文房具店、雑貨店、酒屋、本屋、花屋、銭湯等、多くの店で賑わい、毎日、買い物かごを提げての立ち話、買い物も楽しい日課であった。

その後、いつしか大型スーパーやコンビニに様変わりし、記憶の中のお店は、次々とマンションや建売住宅となり、商店街は車の往来の場となった。

(以下略)

このページの先頭へ