小説 | なみだの海~いちえ~

書籍画像「なみだの海~いちえ~」

著 / 柚詠(ゆえい)

  • サイズ:四六判(H188xW127mm)
  • 製本:ソフトカバー
  • ページ数:96ページ
  • 発行日:2017年3月1日
        2017年4月5日 第二版
  • 価格:800円(+消費税)
  • ISBN:978-4-907446-64-2
購入ページへ

内容紹介(一部)

ここは、何もない砂一面の砂漠。見渡す限り何もない。
そんな中、何をするでもなく、ぼーっと、一人の老人が立っている。しん、である。
彼は、何も考えず、ただ、立っている。
夜であるというのに。
空には明々と三日月が輝いている。

(イチタ、月から舞い降りる)

イチタ  おじいさん、おじいさん。そんなに、ぼー、とつっ立って、何しているの?

しん  (月を見上げながら)空を見ているんじゃ。

イチタ (首をかしげながら)そら? ここは、何にもない砂漠だよ。

しん  (遠い目で)遠い空を見ているんじゃ。

(イチタには、何のことだかさっぱり分からない。分かるはずもないのだ。彼の行動を見ていたわけではないのだから)

イチタ  ふーん。変なおじいさん。

しん  (首をかしげながら)変かのう?
      わしからすれば、お前さんのほうが不思議じゃ。
      こんなにも、何もない砂漠に、わししかいなかったはずじゃが。

(確かにそうだ。さっきまで確かに、しん、はひとりぼっちだった。だのに、少年がそばに立っている。はて、どういうことか)

(以下略)

このページの先頭へ