自費出版について

「自費出版は高い!」。実は、これは半分真実です。

印刷手法や出版手法によっても異なりますが、通常のオフセット印刷で1,000部作ったりすると、編集費込みで簡単に100万円、200万円という数字になってしまいます。でも、実際、1,000部も必要な人ってどれだけいるのでしょうか? 言葉を変えれば、1000部売れる人って何人いるのでしょうか? それこそ数十部あれば、十分という方のほうが圧倒的に多いのではないでしょうか。

「自費出版は高い!」は、半分真実ですが、半分は嘘です。今はオンデマンド印刷機という優れものがあるのです。これなら、極端な話、1冊から本が作れます。小説やエッセイ、自分史などをソフトカバーやハードカバーで作ることができます。絵本や写真集も、カラーで作ることができます。自分のために、家族のために、友人のために、何百部も必要ですか? 必要な部数だけ、作ればいいのです。これなら、編集代やデジタル作業代込みでも10万円程度でしっかりした本が完成します。

そうは言っても、世間で売ってみたいと考えているのならば、まず、少部数作ってみることです。そして、「売れる!」と見込みがたったら、オフセット印刷で大部数出版すればいいのです。売れなければ、単に自分の負担になるだけです。

少部数だけ必要な方は、ぜひオンデマンド印刷での出版をお考えください。世間で売りたいとお考えの方も、リスクを少なくするため、オンデマンド印刷での出版をおすすめします。

仕上がりについても、今ならオフセット印刷とほとんど変わらないレベルに達しているので安心です。

新聞広告などで「原稿募集」や「コンテスト」を装い、応募した方に「残念ながら入賞はしませんでした。でも、あまりに良い作品なので、共同で出版しませんか」という連絡が来ることがあります(私の友人のデザイナーから聞いた話です。私の友人は、その出版社の外部デザイナーとして働いていました。今はもう、止めたそうです)。

時には、「出版社のほうで半分費用を負担します」ともいうそうです。そこで要求される著者への負担額は、びっくりするほど高いそうです(友人のデザイナーはその金額を聞いて目が点になったそうです。私もなりました)。でも、本当に良い作品なら、出版社は自社ですべて負担をしてでも、出版するはずです。

結局、「原稿募集」や「コンテスト」の広告は、自費出版する方のリスト集めなのです。リストが集まったら、あとは人海戦術で営業のアタックです。電話やメールであれやこれやとおだて、とんでもない金額での出版を迫ります。ネットで情報を探してください。嘘ではないとすぐ分かるはずです。

もちろん、こういう業者だけではありません。著者の方の意向をしっかり伺い、適切なアドバイスやサポートを行い、適性な金額で、本当に良い本を作る良心的な会社もいっぱいあります。大切なことは、しっかりと業者を見極めることです。その見極めの方法は

対応をしっかり見よう

業者へ質問などを行い、その対応を見ましょう。連絡が遅かったり、扱いが雑だったり、すぐにお金のことを持ち出すようでは要注意です。担当者がコロコロ変わるところも気をつけましょう。

会社の大小はあまり関係ない

小さいとノウハウがなく、クオリティも不安と思いがちです。実際、弊社も小さい会社ですが、大手といわれる出版社の仕事をいくつもやっています。今、出版社の多くは製作全般を我々のようなところに外注するところがほとんどなのです。ノウハウ不足、クオリティが心配ということはありませんので、ご安心ください。

見積もりがコロコロ変わるのは…

これも、よく聞く話ですが、一旦提出したお見積もりに対し、著者様が決断されない時、いきなり半分の金額になったりすることもあるそうです。これは、どう考えてもおかしなことですよね。それでも、利益が出るというのは、最初からものすごい利益を載せているのでしょうか。

以上、すべてではありませんが、良い業者をお選びいただくためのご参考になればと思います。

残念ながらこれは真実です。書店には毎日、山のように新刊がやってきます(あるデータでは、1日300種類の新刊が出るといわれています)。一流作家といわれる方の本でさえ、なかなか売れないのが現実です。そのような中で、一般の方が出版されても、読者が手にとることなどまずありえないことです。本屋さんにとっても、無名の方の本より、少しでもネームバリューのある方の作品を、1冊でも多く置こうとするのが人情です。

でも、本というのは、本屋に並べることだけが売る方法ではありません。今はインターネットの時代です。ご自分でサイトを運営していれば、そのサイトで販売するほうが、よっぽど確率は高まります。知り合いの方が、サイトを運営していたら、お願いするのもひとつの手です。要は、できるだけ、広くアピールすることです。

「自費出版の会」では販売コーナーを設け、自費出版された方の本を販売しております。サイトへの登録から、ご購入者への書籍の郵送、代金の回収等、煩雑な作業はすべて「自費出版の会」が承りますので、お気軽にご利用ください。

また、大手書店サイトの[アマゾンe託販売コース]、全国の書店で販売可能な[書店流通コース]、書籍のダウンロード販売ができる[電子出版コース]などもご用意しております。

たとえば、100万円かけて500冊の本を作ったとします。単純に計算して1冊の原価は2,000円です。現実問題として、無名の方の本が、500冊売れるものでしょうか? 書籍の定価を2,000円として、この数字は妥当なものでしょうか? 売れなかったら、すべて自分の負担になるのです。売れたとしても印刷代などの経費のみ。この本のために費やした、あなたの時間やアイデア代、著作代などは入っていません。

利益を上げることを考えたら、自費出版では不可能だとはっきり言えます。でも、利益を上げることだけが、本を作る動機なのでしょうか?

「自費出版の会」は、「本」について次のように考えます。

あなたが書いたもの。あなたが描いたもの。あなたが撮ったもの。

それは、伝えたい“何か”があったから。その、“何か”を伝えるために、あなたの「本」は存在するはずです。

ご両親が子供たちへの思いを綴った「エッセイ」。お母さまが子供たちのために愛情を込めて描いた「絵本」。みずみずしいあなたの感性がとらえた「写真集」。長年の趣味の俳句をまとめた「俳句集」。ご自分の半生を綴った「自分史」…。

あなたが作った「本」は、きっと、誰かを感動させるはずです。そんな、誰かの幸せな笑顔を作れたら、その「本」は、どんな大ベストセラーより価値がある。
私たちは、そう考えます。

多くの人に、その感動を分かち合ってもらいたい。何より、あなたの“感動”を伝えるお手伝いがしたい。それが、私たち「自費出版の会」の「本」に対する考え方なのです。

「自費出版の会」は、あなたの「本」作りを心をこめて応援します。

このページの先頭へ