エッセイ | So What! ボクが見つけた神様の贈りもの Complete Edition

書籍画像「So What! Complete Edition」

著 / 橋本正博

  • サイズ:四六判
  • 製本:ソフトカバー
  • ページ数:280ページ(カラー+モノクロ)
  • 発行日:2008年5月15日
  • 価格:1,600円(+消費税)
  • ISBN:978-4-903935-09-6
購入ページへ

「So What!」という言葉がよく似合う著者のすべてがギッシリ詰まっています。今、広がっている「So What!」の環にあなたも入ってみませんか? 20%のボリューム・アップでお買い得です!
英国の「ホンモノ」に憧れ、ジャズやオーディオなどの趣味の世界に生きる「凝り性」の団塊オヤジのエッセイ本。 商社マンであった彼の「海外おもしろ話」やちょっと辛口な「日本批評」もあり、軽い語り口調で一気に読める! 遊びや趣味を人生の中心に考える人、必読の一冊!

橋本様は他にも書籍を作られています。

内容紹介(一部)

はじめに

So What 全体扉

本文冒頭の扉イラスト

ボクは、今日本に沢山いるいわゆる「団塊オヤジ」の一人である。生活もこの年代としては平均的であり、特技や賞罰もないジミな存在である。強いて言えば、「凝り性」であり多趣味の人間ではある。また、仕事柄「海外経験」はかなり多いと言える。ただ、それだけである。高校までは祖父と親父の跡を継いで医師を目指していたが、なぜか医学部のない大学に入学、経済学を専攻し卒業後、丸の内の大手商社に勤めた。

22才で入社し、33年間仕事一筋であったが、思うところがあって55才で退職、人生に一区切りをつけた。その後は第二の職場へは行かず、会いたい人とだけ会い、好きなことだけをやっている気ままな「自遊人」の生活を送っている。「本当にもう仕事はやらないの?」とか「ボクと一緒にまた仕事をやらないか?」と言ってくれる人も何人かいた。「会社を早く辞めて本当によかった」とか、「羨ましいなー!」と言う人もいる。今の生活は、当たり前であるが時間に追われることも仕事の重圧もなく大変快適であり、ボク自身は満足している。仕事を辞めてから、じっくり時間をかけて色々なことを深く考えるようになった。会社の仕事とはまったく別の世界がたくさんあることも分かった。そして新たな素晴らしい人々との出会いもあった。

ここに書き記した小文は、ボクの頭の中にある「古い記憶」や「趣味」のこと、それに「少し偏った考え方」などをランダムに取り出したものである。従って、各小文の間には連関性がなく一冊の本としても一貫性に欠けるところはあるが、ボクという「一人の男の思考と行動」の一端を書いたものには違いない。

(以下略)

このページの先頭へ