旅行記 | 中米の風 家庭崩壊からはじまったダンディ不良オヤジの命ガケ的中米紀行!

書籍画像「中米の風」

著 / 上川内嘉久丸

  • サイズ:四六判
  • 製本:ソフトカバー
  • ページ数:132ページ(モノクロ)
  • 発行日:2009年6月24日
  • 価格:1500円(+消費税)
  • ISBN:978-4-903935-20-1

販売終了しました。

内容紹介(一部)

3 年連続で中米を旅してきた。中米は治安が悪いイメージがあるが、その通り。あまり安全とは言えない国や地域がある。若い時は危ない所を避けていた。命あっての、という気持ちが支配していた。妻からも「そんな危ない所には行ってはダメッ! もしものことがあったらどうするの!」と止められていたし、それに逆らう元気も余裕もなかった。しかし、幸か不幸か、私は妻から見捨てられた。それも、6 月24 日という日を選ばれた。なぜこの日を選んだのか最初は分からなかったが、よく考えてみるとその日はなんと結婚記念日であった。そのことに気がついた時のショックは、まるでジェットコースターで落とされた精神状態になった。富士急ハイランドの「ええじゃないか」状態である。なんという凄まじい女の執念であろうか。う~ん、男は単純なのでこういうことは死んでも思いつかない。

それから数ヶ月、私は厭世気分に包まれ、怒りと悲しみの底に沈んだ。失った物ばかりに目がいき、これまでの自分の人生は何だったのだ、と自問自答を繰り返した。思い出す度に、やり場のない怒りがこみあげてきた。しかし、いい男は海の底に沈んで、そこでファイナルとはならない。200 気圧もの圧力に耐えた潜水艦のように、これまでのシガラミを海中に投げ捨てて、再浮上するのである。泣いた分だけ今度は笑う番である。出口の見えない絶望感を乗り越えて「発展途上整体師・ダンディ不良オヤジ」の誕生となる。そして家庭崩壊の半年後(なんと素晴らしい回復力)から中米の旅シリーズは始まった。

これで死んでも泣く人はいない、何をやってもいいし、何もやらなくてもいい、どうせまもなくお迎えが来る(来年還暦である)。この思いが私を大胆にさせた。治安はよくないと言っても、中米は団体のツアーで回っている限りでは安全である。いつだったか、グアテマラで団体ツアーの日本人が殺された事件があったが、これは例外的な事件だ。危険度3 になると、ツアーの企画は自粛される。私はかなり長い間、添乗員の仕事もやってきた。カナダや西欧の添乗もやってきたが、やはりロシア語とチェコ語の知識を生かした東欧とソ連が多く、それが好きでもあった。なかでもシルクロードが人気だった頃は、1 年に10 回もカザフやキルギスからウズベクのタシケント~サマルカンド~ブハラ~ヒワへと飛んだ。お客の世話をするのは好きだが、10 年位前から客の質が悪くなり、きっぱりと辞めた。それからは自分のお金で団体旅行をしたいとは思わなくなった。だから、旅はいつも独りで出かける。もっとも、途中から2人になることもある。例外的なことではあるが。

本書にはこの3 年で旅した国(メキシコ、キューバ、ベリーズ、グアテマラ、ホンジュラス、エルサルバドル、ニカラグア)の思い出が記されている。メキシコとグアテマラは3 年連続で訪問しているので、それだけ忘れられない思い出が多い。中米の国には訪問していない国があと2 ヶ国残っている。そう、コスタリカとパナマだ。日本を出るときは確かに行くつもりであったが、途中で女性につかまると「別に~、今回行かなくてもいいよ。貴女が行きたい所が我が行く道」となり、計画は予告もなく中断されいまだに行っていない。自分の意思の弱さに脱帽する。別に訪問国(現在まで62 ヶ国)を増やすことが目的ではないので、それはそれでいいのだが、やっぱりいつかは行かなくては気持ちが落ち着かない。だから、今回は必ず行くつもりである。途中、誰にも会わなければ、途中、道を尋ねた人と仲良くなりすぎなければ、それは必ず達成される。

2007年の正月はカンクン、2008年の元旦の朝日はベリーズのキーカーカー島、2009 年は世界一美しいといわれるグアテマラのアティトラン湖畔で迎えたが、本書は順不同で書かれている。頭の中に飛び込んでくる強烈な情景の順になってしまったような気がする。コスタリカやパナマに行く前に本にしたかったのは、生きている間にこの記録を残したかったのである。今年の12 月から4度目の中米に行くが、今度は自転車旅行なので命を落とすかもしれない。これが、読者との最後の出会いとならないように、安全かつ慎重に取り組みたい。

(以下略)

上川内様からいただいた「お客様の声」

なかなかよろしい。2冊目もすぐ決めました。
すでに3冊目、4冊目も決めています。

千葉県市川市 上川内嘉久丸様
―自費出版を行うにあたって、悩んでいたことがありましたか?
三つの案あり。

  • ズナーニエ出版(以前出版したことがあり)
  • ブックコム
  • 京都の出版社(知人あり)
―弊社を知ったきっかけは何でしたか?
インターネット。
―弊社を知ってから、弊社で自費出版するまでに、何か躊躇することがありましたか?
特別になし。四谷・新宿方面も便利。コストもすぐ分かった。
―弊社で自費出版をしようと決めた一番の理由はなんですか?
インターネットの対応の速さ。コストの安さ。三浦氏のおもしろさ。
―実際に弊社で自費出版してみていかがでしたか?
なかなかよろしい。すぐに2冊目も決めました。すでに3冊目「コスタリカの風」(4月に原稿渡し)、4冊目「アラ還日記」(7月に原稿渡し)も決めています。一気に10冊はブックコムだけで浮気せずに参りたいと思います。今は友人に「自伝」をかくようにすすめています。
―再度、自費出版するとしたら、このようなサービス、このような商品があったらいいと思うものがありますか?
また、弊社へのご要望等ありましたらご自由にお書きください。
写真集を出したいが少し高め。もう少し安くなる方法を考えて下さい。たとえば100冊で25万円ぐらい(P100ぐらいで)。
上川内様アンケート用紙その1
上川内様アンケート用紙その2

このページの先頭へ