エッセイ | フィリピン人介護福祉士候補生の日本語奮闘記

書籍画像「フィリピン人介護福祉士候補生の日本語奮闘記」

著 / 小池真己恵

  • サイズ:四六判
  • 製本:ソフトカバー
  • ページ数:80ページ
  • 発行日:2012年11月21日
  • 価格:800円(+消費税)
  • ISBN:978-4-903935-83-6
購入ページへ

内容紹介(一部)

まえがき

「セブ島、青い海、マンゴー、バナナ、あ、それから灼熱の太陽・・・フィリピンって言ったら、そんな感じかな?」

十年来の親友、しなちゃんはこう言った。彼女は、韓国の日本語学校で同僚として働き、今は長野で日本語教師を続けている。

「でも、なんで突然フィリピン? もしかして、次はフィリピンへ行くの?」好奇心旺盛な彼女は、パフェに添えられた巨峰の粒と同じくらいの瞳で、私の顔を覗き込んだ。

「違う違う、実は今度うちの学校にフィリピン人の介護福祉士候補生が来るの。それで私、日本語研修の担当になってね。まずはフィリピンの情報、集めようと思って」しなちゃんと対照的に、私の瞳は、ややうつむき加減だった。

「そうなんだ。で、どのくらい研修受けるの?」

「六カ月。半年経ったらすぐ、介護施設で働きだすんだって」

「へえ~半年って言ったら、初級が終わるか終わらないかって感じだよね。フィリピンで日本語の勉強したことあるのかな?」

「ほとんどないらしいよ・・・」

「え~~大変! それですぐ介護の仕事?」

「うん、おまけにね、四年後には日本人と同じ国家試験受けて、パスしないとそれで帰国しなきゃいけないんだって」

「そりゃ厳しいね。だって、フィリピンって非漢字圏でしょ? 日本人だって難しいって聞くよ、その試験」

「そうだよね・・・」

こんな会話を交わした一カ月後の、二〇〇九年五月十日、七十八人の介護福祉士候補生が、海を越えてやってきた。

(以下略)

小池様からいただいた「お客様の声」

校正から表紙のデザインに至るまで、
大変満足しております。

東京都世田谷区 小池真己恵様
―自費出版を行うにあたって、悩んでいたことがありましたか?
  • どの業者を選んだらいいか分からない
  • 費用はどのくらいかかるのか
  • 内容に問題はないか
―弊社を知ったきっかけは何でしたか?
朝日新聞の「生活欄」で『NPO法人「日本自費出版ネットワーク」で各地の自費出版社を紹介している』という記事を読み、検索いたしました。
―弊社を知ってから、弊社で自費出版するまでに、何か躊躇することがありましたか?
ありませんでした。
―弊社で自費出版をしようと決めた一番の理由はなんですか?
三浦様が親身になって、自費出版へ至った経緯を聞いてくださり、出版後のアドバイスもしてくださったことが一番です。また、三浦様のお人柄にも惹かれ、さらに、これまで出版された方々のお話をたくさんお話いただいたことで、安心できました。
―実際に弊社で自費出版してみていかがでしたか?
ど素人の私の意見にも耳を傾けていただき、校正から表紙のデザインに至るまで、大変満足しております。また、出版後もご相談させていただくことが多々ありますが、いつも快くご回答いただくので、本当に感謝しております。
―再度、自費出版するとしたら、このようなサービス、このような商品があったらいいと思うものがありますか?
また、弊社へのご要望等ありましたらご自由にお書きください。
  • 貴社で出版された方の「思い」(本に込められた)を、会報などで拝読できたらいいなと思います。
  • 交流会等もあったらいいなと思います。
  • 図々しい要望ですが、家族割引、紹介割引などがあれば、出版に一歩踏み出せる方も広がるのかなと思います。
小池様アンケート用紙その1
小池様アンケート用紙その2

このページの先頭へ