随筆+俳句集 | 冬の夜の酒 夏の夜の酒

書籍画像「冬の夜の酒 夏の夜の酒」

著 / 有泉正一

  • サイズ:四六判(H188xW127mm)
  • 製本:ソフトカバー
  • ページ数:272ページ(カラー8ページ)
  • 発行日:2017年1月7日

内容紹介(一部)

冬の夜の酒

(前略)

有名な歌である。
秋は思索の季節という。秋の夜長を、ひとり静かに、酒を味わいながら、もの想いにふける。たとえひとときであっても、ぜいたくな時間といえるだろう。秋の夜の酒には、そんな恩恵がある。これに反して、冬の夜の酒には、より現実的な趣がある。秋の夜の酒が哲学的、精神的であるとすれば、冬の夜の酒は現実的であり、且つ肉体的である。

(以下略)

晩夏十景

空蝉の縋 る広葉も風の中

夕風の綾なしわたる真葛原

カクテルの淡きみどりも巴里祭

炎昼の堂の暗さに薬師像

いのちあるかぎりの声ぞ深山蝉

(以下略)

あとがき

父が亡くなり四年が過ぎました。その間に、病院は取り壊され、跡地には新しい家が建ち、母は甲府の老人ホームへ移り、自宅は今、無人となりひっそり残っております。
今年、母は九十歳、卆寿を迎えました。

(以下略)

このページの先頭へ